コラーゲン不足を補う!自力でできるコラーゲン不足解消

コラーゲンが不足することにより、肌に様々なトラブルや悩みを引き起こしてしまいますが、コラーゲン不足を補って行く必要があります。今回は、自力でコラーゲン不足を解消できる方法を紹介しますので参考にしてみてくださいね。

コラーゲンが不足してしまうことにより、エイジングサインが出てきます。見た目が衰えてしまったり、年齢による関節痛などを招いてしまい、たくさんの深刻な問題を抱えてしまいます。

年齢を重ねることにより落ちてしまうコラーゲン合成能力、体内のコラーゲンの量は低下し続けてしまいます。コラーゲンを毎日定期的に摂取して補うようにする事で、
減ってしまっているコラーゲンにブレーキをかける事が出来ます。

コラーゲン量が豊富な食べ物と効果的な摂り方を知ることにより、肌を守っていく事が出来て、さまざま悩みを抱えることなく健康的に過ごしていく事が出来ます。

コラーゲンを多く含む目安としては、冷たいときにゼラチン状の煮こごりができるものだと思います。あのプルプルした見た目は、コラーゲンそのものです。主に肉や内臓などの植物性タンパク質に多く含まれていて、鶏の手羽先や軟骨、牛すじ、モツやレバー、フカヒレなどに含まれています。

実際にフカヒレなどは毎日食べる事が出来るものではありません。お勧めできるのは鶏肉です。平均してもどの部位でもコラーゲンの量が多く、その上低カロリーなのでたくさん食べる事ができるので、ダイエットしている人にもおすすめできる食品です。魚の皮と身の間にコラーゲンが多く含まれているので、できれば皮を残さずに食べるように心がけるだけでもコラーゲンを摂取する事が出来ます。

1日に必要なコラーゲンは5000~10000mgに対して、日本人の平均摂取量は1900mgと言われていて、明らかにコラーゲン不足と言えます。食事で補う事が難しいという場合には、サプリメントやドリンクなどを活用する事もおすすめできます。

コラーゲンと一緒に摂ることにより効果を期待する事が出来る成分ですが、ビタミンCです。コラーゲンを安定させるために重要なビタミンなのです。

トリプトファンです。必須アミノ酸で、私たちの体の皮膚や骨、もちろんコラーゲンもアミノ酸から作られています。そのアミノ酸のなかには、人間が体内で十分な量を合成できないものもあり、それらを必須アミノ酸と呼んでいるのです。

コラーゲンは必須アミノ酸のうち、トリプトファンが含まれていないのです。コラーゲンを作り出すためには、トリプトファンという材料も一緒に摂取することにより、効率が良いと言われています。

エラスチンです。エラスチンは弾力繊維と呼ばれています。その名前の通りコラーゲン線維を引き締める役割があり、肌を引き締める為には、エラスチンとコラーゲンをとって弾力のある肌を目指す必要があります。

避ける方が良いものですが、せっかくコラーゲンで肌に弾力を与えても、逆の作用がある成分を摂ると意味がなくなってしまいます。気をつけるべきなものは、高脂肪分です。脂肪分が高すぎてしまうことにより、抗酸化物質を多く消費してしまうので、老化の原因となります。

また、甘いものはコラーゲンの糖化につながってしまいます。糖化したコラーゲンは固くなってしまい、弾力性が失われてしまいます。コラーゲンを作り出す繊維芽細胞まで弱めてしまいます。甘いものを食べる際には、糖とコラーゲンの結合を抑える作用のある食物繊維と一緒に摂取するように心がけましょう。

コラーゲンを効率よく摂取する事が出来ると肌の悩みなども深刻となる前に、解消させることが出来て、肌の調子が良い場合には、自分にも自信を持つことが出来ます。日常の生活の中で、確実に不足していると感じている人も多いと思いますが、自分が出来る方法できちんと補って行くようにしましょう。

肌を守っていくだけでなく、関節などを守って健康的な生活を送って行くためにも重要なものとなっていますので、意識して摂取を心がけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>